スポンサーサイト

Posted by POCO A POCO on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日…。

Posted by POCO A POCO on 11.2013 ひとりごと 4 comments 0 trackback



今日が近づくにつれて、TVではいろんな特集が増えているね。

今日は朝から夜まで関連番組だろうな。

淡々とした報道が少なく、お涙頂戴か誰かの賛美が多いな。

そんな気がするんだ。


南三陸とか陸前高田とか。

メディアはこぞって行って報道しているね。


本当に被害が大きくて。

全てのものを根こそぎ失って。

それは想像に余りある被害であり痛みであり喪失感だと思うんだ。

自分が生きている事を、生かされた事を罪だと思っている方もいらっしゃるのは悲しいね。



ただ。

そう…。

ただ…なんだ。


例えば福島県の福島市や郡山市。

生活は元に戻った方が多いね。

前と変わらない生活を送っているかのようだけど。

表面に現れにくい静かな闘いをし続けている人は少なくないんだよ。



震災以降、娘は2人の子どもを産んだ。

友人の中には「今産んで大丈夫なの?産ませていいの?」と無邪気に訊いた人もいた。

正直なところ、全く心配じゃなかったと言ったら嘘になる。

色々な事が実しやかにネット上でも流れていたからね。

そんな事を言われなきゃならない地に住んでいる認識と覚悟は持っていたつもりだ。

言いたい人は言うからね。


彼女は悪気があった訳ではないと思う。

でも、私はその人と友人関係を止めた。

ケンカした訳じゃない。

静かに連絡を取らなくなっただけ。





ありがたい事に、娘は元気な子たちを安産で産んだ。

どこにいても、誰が産んでも、何パーセントかの確率で疾患を持った赤ちゃんは生まれる。

それを全て面白おかしく『放射能のせい』って言われたら堪ったもんじゃない。

それって、ここで生きている人への大きく深い差別と言う人災だと思うんだな…。




生き死にに係わる事ではないんだけれど、ガーデニングも大変。

中間管理施設も決まらないままだし、土を他所に持って行ったり捨てられないのよね。

だから使っていた土をふるい、いろいろな物を混ぜて再び植えるんだけどね。

100以上の鉢だからその手間は大変よ。

「その場所でガーデニング自体が無理なんじゃないの?」って言われてる気がして来ちゃう。

実際、ガーデニング自体を止めた庭友さんも1人だけじゃないもんね。



だけど、花は見た人を笑顔に出来ると思うんだ。

衣食住の次かそのまた次に来るものだけど。

でも、見た方がホッとする事があれば、それは意味があるんじゃないかと思うんだよね。

だから「ふくしま希望の種プロジェクト」を有志で立ち上げたんだ。

待っているだけじゃなくて、自分の出来る事で何かしたいと思うから。



私の場合、半分趣味で半分仕事化しているからね。

止めちゃうのって、自分のアイデンティティーの喪失ってコトになるのかな?

いやいや…正直に言おう。

庭にいると、何より私自身がホッとするんだ。



土を触っている時。

出て来た芽を見た時。

庭にいる生き物を眺めている時。

美しく咲いた花を眺め、香りを嗅ぐ時。

そして、植物を通じて出会えた人たちと話をする時。



だから続けるよ。

ここで生きる事も、笑う事も、ガーデニングも、自分で出来る何かも。



これでもか…って程の震災関連番組に嫌気がさして愚痴を書いてたのにね。


今日だからの「てやんでぇ宣言」になっちゃった!(笑)


まぁ…気張りすぎないように淡々と。

でもしっかりと着実に。

自分の出来る事を前を向いてやって行くだけだね。





       DSC06148 - コピー
       今年も植えっぱなしのチューリップの芽が出て来たよ。
       あの時「それでも花は咲く…」と感動した芽。
      






スポンサーサイト

永らくのご無沙汰でした!^^;

Posted by POCO A POCO on 16.2012 ひとりごと 2 comments 0 trackback


こんにちは。

おひさしぶりでっす♪^^;

アトムの事を書いたきり更新していないので、ペットロスで落ち込んでいると思われた方も多いのではないでしょうか?


確かに落ち込みましたが…。

それは失った悲しみよりも、もっと出来た事があったかも知れないのに…という気持ちが大きかったからなんですよね。

むしろ、安楽死させないので早くお迎えが来て、アトムを楽にしてあげて欲しいと思ってたくらいなので。


これって、身勝手な考えだと思うんですよ。

でも本当に正直な気持ちで。

だからこそ、その間際にいてあげなかった事が悔やまれてね。


飼い主としての責任と義務を全うできなかったんですもんね。



そんなこんなで、その時に行っていた北海道の記事をアップできないままでした。

先日、アトムの四十九日で納骨しましたし、北海道の記事を楽しくアップしますね。

あ…次の記事でね!^^




おっと…^^;

Posted by POCO A POCO on 28.2012 ひとりごと 0 comments 0 trackback


気付けば1ヶ月ブログを更新していませんでした^^;

今朝開いたら、トップにスポンサー広告が…。



いかんね~!

ツイッターとフェイスブックで手軽に呟けるもんだから、改めて文章にするという作業が億劫になってしまうのだわ。


この間…。


生徒さんの受験があったり。

ビルボード東京に黒ぽんのソロを聴きに行ったり。

公認校の研修会に行ったり。

原因不明の症状でヘタっていたり。

総合病院に行って激怒したり。

支部の研修会に行ったり。

鶴岡八幡宮の奉納音楽祭に行ったり。



…とまぁ、良い意味でも悪い意味でもバラエティに富む(?)生活をしておりました。(^^;)



8月はフラワーデザインのお教室もガーデニングのお教室もお休みで、気分的には楽なはずなのにねぇ~!

何だか、キリキリとした1ヶ月だった気分なのは、やはり身体の事があるからでしょうね。


原因不明は気持ち悪いけど、イライラせずに前向きに対処しますわ。



何かね、目の前の事に翻弄されていたり、安易な方に流されている私なんですが。

先日、お友達から季節恒例のブドウが届いたんですよ。

今年はわざわざその農園まで出かけて実っている状態を確認しての注文だったようで…。



そう。

私が凹んでいる時も。

絶好調で笑っている時も。

震災に遭って生活の大変な時も。

自分の事にかまけて、易きに流れている時も。


変わらず、ずっと思ってくれているのです。

「大丈夫?」って心配顔ではなく。

「がははは~!」って笑いと共に。

そのブレない姿勢と表面的ではない優しさにいつも頭が下がるのです。

尊敬って言う方が正しいかな?

私よりず~~~~っとお若い方なんですけどね。^^;


その気持ちは直接的な化学肥料ではなく、よぉ~く発酵された有機肥料のように。

優しく、じわ~っと効いてくるのです。

そして土がいつしか善玉菌でふかふかになるように、私の心も善玉菌でふかふかになっているのです。



私は、頂いた気持ちの何分の1返せているのだろうな?

不義理しているなぁ…。


うん…。

私の出来る事をお返ししよう。


ブレブレでちっせ~な、自分!

そう思いながら、大きくなれるように頑張りますわ!



ありがとうございます!!!

こうなりたいと思う友人がいる事を幸せに思いながら、完熟の美味しいブドウを食べてます♪(*^。^*)






  ブドウ




7月11日。 (´・ω・` )

Posted by POCO A POCO on 13.2012 ひとりごと 0 comments 0 trackback




今朝、友人からメールが来た。

あ…やっぱり覚えていて、あの日手を合わせたのね…と嬉しかった。



7月11日。

恩師の命日。


亡くなって、もう3年。




今の私があるのは、本当に先生のおかげで。

美しいものへの追及という事を、とことん教えて頂いた。

それは花だけでなく、歴史や美術史や建築史や音楽史やファッションや…いろんなものの総合知識と理解で…。



その圧倒的な理論と、美しい作品を見たら…。

花だけをアレンジすれば…というそれまでの概念を捨てざるを得なかった。




1月のデモンストレーションの私の花を見て、ある先生がお褒め下さった。

「〇〇先生の流れをくむ美しい作品で嬉しかったわ…」と。

ただ、自分が美しいと思う作品を作ったつもりだったのだけれど、その美的感覚の根源には私が恩師から学ばせていただいた事がいつしか入っていたのだ。

だからこそ、本当に嬉しいお褒めの言葉だった。



そして、人とのご縁。

普通に学んでいるだけだったらお話する機会もない方々に出会えたのは、恩師のおかげでしかない。

世界が格段に広くなり、そのご縁で今の私がある。

正直言って、私の場合は技術よりも出会った人とのご縁で今の私があると言いきれる。

いや、これは反省すべき点なのだけれど…。



それだけに、少しでも恥ずかしくない人になろうと努力はした。

いえ、今もしている。(…つもり)

美術館に通うようになったのもそのひとつ。

ガーデニングを本格的に始めたのも、植生を知ったりお花屋さんでは買えない花材を育てる為だった。


子育て真っ最中の私には、海外セミナーどころか1泊のセミナーにさえ行くのが難しい日々で。

自由に学んでいる友人を見ては焦る日々だった。

だから、今の自分で出来る事を…と思ったのがガーデニングを始めるきっかけだった。




京都の東寺のイベント後に突然送って来て下さった土の穴あけ機を見ると…。

「これが役に立つのは、〇〇さんぐらいでしょ~?」

受話器の向こうでそう笑いながら仰った声が、あの時のままに蘇る。



勿体なくて使えないままだけれど。

私にはピッタリの先生の形見として、大切にしていますよ(*^。^*)




                    合掌








シュプレヒコール…(´・ω・` )

Posted by POCO A POCO on 11.2012 ひとりごと 2 comments 0 trackback


地元の大きな公園では、原発反対のデモと集会があるそうな。

参加?

しないよ。


原発が是だとは思っていないけどね。



14:46にいろんな物を打ち鳴らそうって計画もあるそう。

最近聞かないけど、中止になったのかな?

「あの時間に黙祷ではなくって?」ってとっても違和感を覚えた私なんだけど。

まぁ、いろんな考えがあるしね。

それに情報の聞きかじりであれこれ言うのはダメだよね。



今朝から、いろんな事に泣けて仕方ないなぁ…。


「大丈夫!」「頑張らなくっちゃね!」そんな綺麗事を言うことが多い1年だったな。

“そう言わなきゃ自分がグズグズになりそうだった”って前にも書いたもんね。

元気の鎧を着る事で自分を守ってるんだよ。



だから、今日は鎧を脱がせて欲しいの。


亡くなった命や変わってしまった人生に想いを馳せて。

この1年間、頑張った自分を労って。


被害者意識って言われたって、ナルシストって言われたっていい。


しっかり思い、しっかり泣かせて欲しいの。

今日だけは。

そしたらまた、元気の鎧を着て頑張るよ。

その内、鎧を着なくても元気になるような気がするんだ。



だから、今日はあの公園も駅前も近づかないようにしよう。

今日あれを聞いたら、怒りが込み上げてしまいそうだから…。







クリスマスローズ 1
クリスマスローズの蕾が頭をもたげてきました♪





     クリスマスローズ 2
     このエンジ色のコはもうすぐ咲きそうね~♪(*^_^*)





スノードロップ
いつもよりも暖かな日差しの中、スノードロップが咲いています (*´艸`*)♪






 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。