スポンサーサイト

Posted by POCO A POCO on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトムの事

Posted by POCO A POCO on 30.2012 いきもの 4 comments 0 trackback



アトムが天国に旅立って今日で1週間。

外から帰って来ると、玄関が広い事に「ああ…いなくなっちゃったんだなぁ…。」と実感する。



正直言って、ホッとしている自分もいるし。

大型犬だけに、立てなくなってからの介護は大変で…。

そして皮膚疾患もあったものだから、玄関に他人を入れられない状態で。

治る見込みのないものだから、アトム自身も可愛そうで。



安楽死って言葉が何度も頭を過ぎったもの。

ダーも「安楽死させた方がエエんちゃうん?」って一度だけ言った事があったな。



安楽死。

以前何かの番組か読み物で「動物自身は死んだ方が楽だとは思わない。ただ、淡々と命が尽きるまで生きるだけだ。」とあった。

だから、安楽死は人間が思う(思いやる)事や都合でしかない…と。

介護をしながら何度もこの事について考えた。



答えは出ないままだった。



北海道旅行の前に、具合は更に悪くなっていた。

旅行の中止も考えたが、休みの少ないダーがやっと休んで行ける旅行だったから「止めよう」とは言えなかった。

行ったら行ったで、私はとっても楽しんだのだ。

そして、帰って来た空港で受けたメールがアトムの死だった。



もしかしたら…と解っていたのだ。

その罪悪感が私を苛んだ。



都合よく解釈すれば、アトムが「ありがとう…もういいよ…。」って私が帰る前に天国に行ったのだと。

でも、ドロドロになって介護していた私自身が、最後の最後にアトムの死から逃げたのかも知れない。

普通の感覚ではできないくらい、やったんだけど…。

まだ何かできたんじゃないかとも思う。




今は小さな骨壺に入ってしまって、四十九日まではリビングにいる。

広くなった玄関を見る時、フッと寂しさが過ぎる。



命あるものと一緒に過ごすという事は、大方の場合はその命を見送るという事で。

その際の苦しみや悲しみも一緒に引き受けるという事で。

それでも、今までありがとうっていう気持ちが大きいわけで。



答えの出ない自分への問いかけは、ずっと続くのかもしれないな。

でも、もう大丈夫!

グズグズウダウダしてたらあの世に行った時にアトムに怒られちゃうわ!^^;







  
アトム







スポンサーサイト

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.03 21:24 | | # [edit]
ありがとうございます。
お優しい言葉に、ウルウルしてしまいました(;;)

そうなると、虹のたもとにはすごい数が待っていてくれることになりますわ、私…^^;
ムツゴロウさんもびっくりの動物王国状態かも(笑)

そうですか。
そんなに長く写真を持ち続けていらっしゃるんですね…。
深い愛ですよね^^
2012.10.04 22:09 | URL | POCO A POCO #UjVi32BU [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.12 18:13 | | # [edit]
ありがとうございます^^

生き物を飼うという事は楽しいや可愛いだけでは済まないと解っているのに…。
それでも一緒に過ごした時は感謝の気持ちの方が大きいですね。
こちらこそ、ありがとう…って気持ちです(*^。^*)

そうでですよね、ちょっと早くあちらに行って待っててくれてるんですよね。

こちらこそ、いつも暖かいお気持ちをありがとうございます^^
2012.10.15 12:28 | URL | POCO A POCO #UjVi32BU [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://poco0704.blog102.fc2.com/tb.php/2309-dd0c731b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。